函館12月の気温!雪はあると思って服装や靴に気を付けよう!

函館の12月の気温 函館の気温

函館の12月の気温について詳しく紹介します。

この時期は、最も寒くなる時期の1つ前の段階ではありますが、十分に寒く最低気温はマイナスですし、日中でも5度以下のイメージです。

最近は温暖化の傾向なのかクリスマスに雪がないこともありますが、いつ雪が降ってもおかしくないですし、基本的には雪が積もっていると考えておいたほうが無難です。

真冬だと思って十分暖かくしていらしてください。

※記事中で紹介している気温は気象庁で発表しているものを元にしています。また、平均値にして小数第2位になっているものは四捨五入して小数第1位までとしています

スポンサーリンク

函館12月の気温

函館12月の気温を上旬、中旬、下旬に分けて、それぞれの最高気温と最低気温、最深積雪を、過去5年間(2015~2019年)の平均で紹介します。

函館12月(過去5年平均)上旬中旬下旬
最高気温4.23.92.4
最低気温-2.7-2.9-4.3
最深積雪(cm)17.415.218.0

日中は5度以下、最低気温はマイナスで十分に寒いです。

積雪はその年にもよるんですが、基本的には雪が積もっていると思っておいた方がいいでしょう。

この時期になると、だいたい降るものは雨ではなく雪なので、それまで全く雪がなかったとしても、いつ積もってもおかしくありません。

そういう意識で冬の装備で函館にいらしたほうが安心ですよ!

函館12月と北海道の他の市との気温差

同じ北海道内とはいっても、北海道は広いので函館とその他の地域ではけっこうな気温差があります。

函館12月と、札幌、旭川、釧路の気温や積雪を比較してみます。

※カッコ内の数字は、函館を基準にしてどれくらい差があるのかを示しています

12月過去5年平均上旬中旬下旬
函館最高気温4.23.92.4
最低気温-2.7-2.9-4.3
最深積雪(cm)17.415.218.0
札幌最高気温3.0
(-1.2)
2.6
(-1.3)
0.2
(-2.2)
最低気温-3.3
(-0.6)
-3.0
(-0.1)
-4.9
(-0.6)
最深積雪(cm)29.6
(+12.2)
32
(+16.8)
42.4
(+24.4)
旭川最高気温0.5
(-3.7)
-0.1
(-4.0)
-1.8
(-4.2)
最低気温-6.2
(-3.5)
-7.2
(-4.3)
-8.7
(-4.4)
最深積雪(cm)31
(+13.6)
34
(+18.8)
54.4
(+36.4)
釧路最高気温3.9
(-0.3)
2.9
(-1.0)
1.1
(-1.3)
最低気温-5.4
(-2.7)
-6.1
(-3.2)
-8.3
(-4.0)
最深積雪(cm)11.2
(-6.2)
9.6
(-5.6)
10.0
(-8.0)

このようにして見ると、函館は北海道の中では南に位置しているので、北海道の他の地域に比べるとそこまで寒さは厳しくなく、雪も少ないことが分かります。

※釧路は太平洋側なので雪は少ないです

なので、北海道で函館以外(特に北のほう)にも行かれる方は、寒さはもっと厳しいと思って下さいね!

函館12月と他の都道府県との気温差

他の都道府県とはどれくらいの気温差になっているのか。

函館12月と宮城(仙台)、東京、大阪、福岡、沖縄(那覇)の気温差を比較してみます。

※カッコ内の数字は、函館を基準にしてどれくらい差があるのかを示しています

12月過去5年平均上旬中旬下旬
函館最高気温4.23.92.4
最低気温-2.7-2.9-4.3
宮城(仙台)最高気温10.2
(+6.0)
9.0
(+5.1)
7.9
(+5.5)
最低気温2.3
(+5.0)
1.4
(+4.3)
0.6
(+4.9)
東京最高気温13.7
(+9.5)
12.4
(+8.5)
11.8
(+9.4)
最低気温5.8
(+8.5)
4.3
(+7.2)
3.7
(+8.0)
大阪最高気温14.3
(+10.1)
12.3
(+8.4)
11.8
(+9.4)
最低気温6.9
(+9.6)
5.2
(+8.1)
5.0
(+9.3)
福岡最高気温14.4
(+10.2)
12.8
(+8.9)
12.4
(+10.0)
最低気温7.5
(+10.2)
6.3
(+9.2)
6.0
(+10.3)
沖縄(那覇)最高気温23.1
(+18.9)
21.9
(+18.0)
21.9
(+19.5)
最低気温18.9
(+21.6)
17.1
(+20.0)
17.2
(+21.5)
スポンサーリンク

函館12月の服装

12月に函館に来る場合、どのような服装をすればいいのか紹介します。

服装

函館は北海道でも南にあるので、その中では暖かいほうですが、気温としては12月は十分に寒いです。

最高気温でも5度以下で、最低気温はマイナスなので、がっしり暖かい恰好で来てください。

この時期は、赤レンガ倉庫のところに巨大なクリスマスツリーが設置されたり、メジャーな坂道などがライトアップしているので「夜」の見どころも満載です。

朝晩はかなり寒いので手袋は間違いなくあったほうがいいですし、マフラーや帽子などもあると安心です。

特に夜景を見る場合、函館山の山頂はさらに2~3度低くなっているので、相当寒いという意識を持っていたほうがいいと思います。

ただ、あまり厚着をすると建物の中にいるときに暑く感じることもあるので、アウターをしっかりしたものにして、中は状況によって簡単に着たり脱いだり調節できるほうがいいでしょう。

函館は例年だと12月から根雪(積もった雪がシーズン終わるまで溶けずに積もったまま)になるので、靴は防寒で滑りにくい靴を履きましょう。

スニーカーとかパンプスのようなものはやめたほうがいいです。

冬用の靴がない場合は、靴の底に貼ったり、靴の底に取り付ける滑り止めはぜったいに付けたほうがいいです。

冬になると函館市内のドラッグストアやホームセンターなどでも、滑り止めを販売しているところがありますが、事前に準備して来ることをおすすめします。

函館12月に気を付けておきたいこと

12月に函館を訪れた際の注意点を紹介します。

函館山山頂へはロープウェイで

函館山は冬の期間は登山道が閉鎖され、バスや車で上ることはできませんので注意して下さい。

ロープウェイが主な手段となります。

バスが遅れてくる可能性あり

路面状況にもよりますが、雪が積もっていたり、凍ってアイスバーンのようになっている場合、バスはたいてい時間通りに来ません。

電車も多少の遅れはあるかもしれませんが、本数も多いですし(約6~7分間隔)、冬の観光は電車のほうが動きやすいと思います。

店内へ入るときは慎重に

靴の底に雪がくっついたままお店に入ると「ツルっと」滑ることがあります。

また、みんな靴の底がぬれた状態でお店に入るので、床がぬれている場合があり、そのようなときも滑ることがあります。

まず自分の靴底に雪がついていないかチェックして、付いていたらマットなどで雪を落としましょう。

お店に入ったときも最初に1~2歩滑らないか確認したほうがいいですよ!

まとめ

函館の12月の気温は、すでにかなり低くなっているので、暖かい服装でいらして下さい。

最低気温は氷点下なので、朝晩はかなり寒いです。

特に夜景を見る場合、山頂はさらに2~3度低くなっているので、厚手のダウンやコートのほうがいいと思います。

雪は一概には言えませんが、積もっていると思って滑りにくい靴を履きましょう。

雪が積もっていたり路面が凍っているとバスは遅れてくる可能性があるので、余裕を持って行動して下さいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました