ジョリクレールのチーズスフレはチーズのコクがしっかり出ている!

ジョリクレールチーズスフレ 函館チーズケーキ

ジョリクレールは、函館市の隣の北斗市にある人気の洋菓子店です。

そこで販売しているチーズスフレは、北海道物産展などに出品されることもある人気の商品。

どのような味なのかレビューしますね!

スポンサーリンク

PICK UP
▼函館で人気のチーズケーキ情報▼
函館チーズケーキは人気土産の定番!口の中でとろけます!

ジョリクレールのチーズスフレ

ジョリクレールは、函館市の隣、北斗市にある洋菓子店です。

なので、正確に言うと函館ではないですが、近場ということでご容赦下さい。

観光で来て、北斗市のお店まで買いに行くというのはけっこう大変ですが、函館市内のお土産屋さんなどで買うことができます。

チーズスフレ

ジョリクレールのチーズスフレ

ジョリクレールのチーズスフレは2003年に登場しました。

※最初はジョリクレチーズという名前で販売

十勝産の牛乳、フランス産のクリームチーズ、そして白ワインなどを使用して作っています。

冷凍保存なので最初は硬いですが、解凍するとプニプニとした弾力になって、すごく柔らかくなります。

大きさは一口サイズではありますが、函館で人気の他のチーズスフレと比べても遜色のない大きさ。

ジョリクレールチーズスフレの台紙

スフレの底には上のような台紙が付いていて、直径は約5.7cmで、ケーキの高さは2.5cmくらいあります。

ジョリクレールのチーズスフレもかなりくちどけが良く、あっという間になくなってしまう感じ。

ジョリクレールのチーズケーキを半分に割ったところ

公式HPなどの商品説明では、白ワインの風味が口に広がりと書かれているんですが、あまり白ワインの感じは分かりませんでした。

ただ、チーズのコクをすごく感じます。他のチーズスフレと比較しても、チーズ感が強めに出ている感じです。

完全に解凍した状態だと、ほど良い甘さと、食べた後にチーズのコクが残る感じでとても美味しいです。

スポンサーリンク

半解凍で冷たい状態だと、甘さをそんなに感じなくなるので、チーズっぽさを強めに感じます。

この辺はお好みではあるんですが、個人的には半解凍状態が好きです。

ぜひ、半解凍状態と完全に解凍した状態の2パターンで食べてみて下さい。

購入できる場所

ジョリクレールの店舗は、函館市の隣の北斗市にあります。

なので、函館に観光に来て、ついでに買いに行くというのはけっこう大変です。

函館空港だったり、金森赤レンガ倉庫内、ルサマーヤ・スイーツなどで扱っているので、そちらで購入しましょう。

また、アマゾンや楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販でも扱っていますよ!

ちなみにジョリクレールの始まりは、昭和8年創業の和菓子店で、1998年に洋菓子もやりたいということでジョリクレールが誕生しました。

なので、店舗向かって左側が洋菓子店の「ジョリクレール」で、右側が和菓子店の「末廣軒」になっています。

持ち帰る場合

ジョリクレールチーズスフレの保存方法

チーズスフレの保存方法は、要冷凍で18℃以下です。

なので、持ち帰るのに時間がかかる場合は、保冷バッグや保冷剤が必要になります。

購入時に店員さんが、持ち帰るのにどれくらい時間が掛かるか、保冷バッグや保冷剤は必要かを聞いてくるので、必要な場合は購入しましょう。

消味期限について

ジョリクレールのチーズスフレは冷凍保存で90日、解凍後は冷蔵庫(10℃以下)で4日以内です。

解凍の目安としては、冷蔵庫内で約3時間、常温で約1時間となっています。

また、完全に解凍したものを再度冷蔵すると、風味が損なわれるということなので注意しましょう。

冷蔵庫にもよると思いますが、家の冷蔵庫では3時間でも、まだ少し硬めで完全には解凍していませんでした。

個人的には半解凍状態が好きなので私はちょうどいいのですが、冷蔵庫で完全解凍にするなら4~5時間くらい置いてもいいと思います。

まとめ

函館では、チーズスフレが人気で、いくつかのメーカーが似たような商品を販売しています。

ただ、外見は似ているんですが、食べ比べてみるとそれぞれに特徴があります。

ジョリクレールのチーズスフレは、その中でもチーズのコクが強めに感じられます。

特に半解凍状態だと、より、甘さよりもチーズ感が出るので、ぜひ食べ比べてみて下さいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました