函館のメルチーズとチーズオムレットを食べ比べてみました!

メルチーズとチーズオムレット 函館チーズケーキ

函館土産の人気ジャンルの一つにチーズケーキがあります。

いくつか種類があるんですが、特に「プティメルヴィーユのメルチーズ」と「スナッフルスのチーズオムレット」は2強の人気。

見た目や雰囲気も似ているんですが、実際に食べてみると全然違います。

食べ比べてみたので、どんな違いなのか詳しく紹介しますね!

スポンサーリンク

味や食感について

メルチーズ

メルチーズ

とにかく、くちどけが滑らか。

あっという間に溶けるような感覚です。

味は濃厚さを感じますが、チーズオムレットと比べると、少しあっさりした感じ。

くちどけが良すぎるので余計にそう感じるのかもしれません。

メルチーズ

ただ、チーズそのものの味は、メルチーズのほうが少し強めです。

すごく美味しいんですが、ケーキ自体がフワッと軽い感じですぐになくなってしまうので、量的にはちょっと物足りなさを感じます。

味は申し分ないんですけど、個人的にはもう一回り二回り大きかったらな~という感じです。

チーズオムレット

チーズオムレット

メルチーズと比べると、ギュッと詰まっていて、重厚感があります。

味はそこまでチーズっぽくなく、濃厚ですが甘すぎず、チーズというよりはケーキですね。

2つ3つは軽く食べられます。

くちどけという点ではメルチーズのほうが上ですが、それでも溶けるような柔らかさがあります。

チーズオムレット

中も凝縮されているような感じで、量的な満足感もあります。

味の種類

メルチーズ

プレーン、チョコレート、パンプキン、生キャラメル風味、いちごの5種類

チーズオムレット

チーズ、蒸し焼きショコラ、抹茶、ティラミス、カフェラテ、ココナッツ、メイプル、めん恋いちごの8種類

スポンサーリンク

保存方法・消費期限

メルチーズ

メルチーズの保存方法

保存方法:要冷凍(-18℃以下)
賞味期限:冷凍保存で3ヶ月、冷蔵庫で解凍後7日間

チーズオムレット

チーズオムレットの保存方法

保存方法:要冷蔵(10℃以下)
消費期限:製造日を含め7日

製造メーカー

メルチーズ

メルチーズの製造メーカーは、プティメルヴィーユです。

オーナーさんは地元函館の人ですが、最初は函館のパン屋さんで働いていたところ、製菓の世界に魅了されて上京。

23年の経験を積んで、1995年にプティメルヴィーユをオープンしました。

函館ではスフレタイプのチーズケーキが人気ですが、実は、一口サイズのスフレチーズケーキを北海道で最初に出したのが、プティメルヴィーユなんですよ!

プティメルヴィーユというのは、フランス語で「ささやかな感動」という意味だそうですが、ささやかどころか「大いなる感動」に出会えます。

チーズオムレット

チーズオムレットの製造メーカーは、ペイストリースナッフルスです。

スナッフルスは、フランス菓子店「ペシェミニョン」のグループ店になっています。

もっと普段の生活の中で、気軽に味わってもらいたいということで、スナッフルスができたそうです。

1998年にできた駅前店が1号店で、チーズオムレットが誕生したのが2000年。

メルチーズもチーズオムレットも、地元民もほとんどの人が知っていますし、お土産としても人気の商品になりました。

まとめ

函館と言えばチーズスフレ、というのを広めたのが、メルチーズとチーズオムレットと言ってもいいと思います。

両方ともすごく美味しくいですが、濃厚で食べ応えがあるのがチーズオムレット、軽い感じで溶けるようになくなり少しチーズ感が強めなのがメルチーズです。

※チーズオムレットもかなりくちどけはいいです

客観的にみて、人気的にはチーズオムレットのほうがややリードしている感じはしますが、あとは本当に好みの問題ですね。

ただ、メルチーズは3ヶ月間冷凍保存しておけますが、チーズオムレットは冷蔵で消費期限は製造日を含め7日なので、そこは注意です。

どちらもかなり美味しいので、ぜひ両方買って食べ比べてみて下さい!

▼関連記事▼
スナッフルスのチーズオムレット!美味しすぎて函館土産に最適!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました