※五稜郭タワーは9:00~18:00まで営業しています。また、ロープウェイは5月9日(月)から当面の間、午前11時30分~午後10時までの営業となっています。 他にも新型コロナの影響で時間等変わっている可能性はあるのでご注意下さい。

函館夜景の勘違い?くびれは北海道のどの部分?

函館夜景の勘違い 函館山

今回は、函館夜景の勘違いについて紹介します。

けっこう前なんですが、あるテレビ番組で「函館の夜景は地図上のどのあたりになるか分かりますか?」という街頭インタービューをやっていました。

その時に、数名の方が違うところを答えていました。

でも、言われてみると確かに、納得のいく間違いと言ったら変ですが確かに形もそれっぽいし、私も函館や北海道に住んでいなかったら分からないかもしれません。

なので、ここでは函館山から見える景色が地図でいうとどの辺りなのか、詳しく紹介しますね!

スポンサーリンク

函館夜景の勘違い

まずは、北海道の地図を見てみましょう。

北海道全体の地図

これはおなじみの北海道の地図ですよね。

ではもう少し、函館のある道南方面をクローズアップしてみます。

北海道道南方面の地図

さて、ここで函館山から見える景色はどの辺りでしょうか。

間違いとして多いのが、以下の部分です。

函館の夜景で見えている景色と間違いやすい場所

確かに、函館の夜景って街の両側が海で囲まれているので、なるほどっていう感じがします。

もしそうだったら函館市民としてはちょっと嬉しいんですが、残念ながら函館はそんなに大きくないんです(涙)

実は、夜景だったり函館山から見えている景色は以下の赤丸部分になります。

函館の夜景で見えている景色の正しい場所

「えっ!どこっ?」って言わないで下さいね(笑)

赤丸のところ、ちょっとだけ飛び出ていますよね。

ここで使用しているイラストは無料で自由に使って良いというもので、勝手に使わせてもらっているんですが、やや大雑把に描かれています。

ですので、飛び出た部分を、もう少し正確に描いたものにしてみますね!

函館市の正しい位置

いかがでしょう。かなりイメージがわいたのではないでしょうか。

そうです。以下のように函館山から矢印の方向に見ているのが、函館の夜景や景色ということになります。

函館の夜景を見ている方向

街の両側が海に囲まれているので、夜景の場合、海の部分は黒くなり、街の灯りがよりくっきりと浮かび上がるのも函館夜景の魅力の一つです。

以前、旅行会社の口コミでみかけたんですが、函館の夜景を見た方で「北海道の形を感じられて感動しました!」ということを書いている方がいました。

おそらく勘違いしていると思うんですが、どこが見えているのかで、感じ方も変わってくるんじゃないかと思います。

地図でいうと、拡大しないと分からないくらい北海道のごくごく一部ですので、間違わないよう注意して下さい。

ちなみに函館のくびれ部分は、細いところで約1kmくらいしかなく、歩こうと思えば歩ける距離になっています。

時間に余裕のある方であれば、端から端まで歩いてみるのも良いかもしれません。

山頂から見たときに、あの辺を歩いたんだな~と分かりますし、函館のくびれ部分を歩いたと、思い出にも残るのではないでしょうか。

まとめ

函館夜景の勘違いについて紹介しました。

この話、私はテレビで知ったんですが、ときどきSNSなどでも話題になるみたいです。

ちなみに以前、東京で働いていたことがあるんですが、函館と札幌の距離について勘違いしている方が何人かいらっしゃいました。

こちらも、けっこう良くある勘違いのようです。

実際の距離や、かかる時間をお話しすると、「えっ!そんなに遠いんですか?」と驚かれる方が多かったです。

詳しくは、以下記事の項番1に書いていますので、興味がある方はご覧になってみて下さいね!

函館から札幌を車で移動するときのルートと所要時間や料金など!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました