函館空港からトラピスチヌ修道院へのアクセス!基本はシャトルバス!

函館空港からトラピスチヌ修道院への行き方 函館空港

トラピスチヌ修道院は、1898年(明治31年)創立の、日本初の女子観想修道院です。

函館の観光名所の一つになっています。

場所が空港に近いので、飛行機で函館に着いたら、まずはトラピスチヌ修道院に行こうという方もいると思います。

函館空港からトラピスチヌ修道院のルートは、市電は通っていないので、基本はバスやタクシーでの移動になります。

どのようにして行けばいいのか詳しく紹介しますね!

スポンサーリンク

PICK UP
▼その他の函館空港情報▼
函館空港の基本情報!空港のみどころや観光スポットへの行き方など!

シャトルバス

函館空港から出ている函館バス5系統の時刻表

函館バス5系統五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス

最も便利なのが、空港の2番乗り場から出ている、函館バスの5系統五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスです。

このバスは最終的に函館駅まで行きますが、トラピスチヌ修道院に立ち寄ります。

空港からかかる時間は10分ほどで、トラピスチヌ前というバス停に停まります。

トラピスチヌ前からは歩いてすぐなんですが、実は、トラピスチヌ前のバス停に停まるのは、このシャトルバスだけなんです。

路線バスの場合は、トラピスチヌ入口というバス停に停まり、そこから10分くらい歩かなければなりません。

そういう意味でもこの五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスがベストと言えるでしょう。

10時台~15時台で平日は1時間おきに6本、土日祝日は30分おきに12本、料金は220円になっています。

所要時間:10分、料金:220円

路線バス

函館空港から直接トラピスチヌ修道院に行く路線バスはありません。

路線バスで行く場合には、途中で降りてそこから歩いて行く(1kmくらい)か、途中で降りてバスを乗り換えて近くまで行き、そこから歩くことになります。

途中下車する地点からトラピスチヌ修道院までは1kmくらいなので、徒歩でも全然歩ける距離ですが、一応乗り換え方法も紹介します。

空港から途中までは7系統、75系統、96系統

まず、上記ルートで空港から途中まで行きます。

7系統か75系統か96系統のいずれかに乗って下さい。

7系統は1番乗り場から出ている、空港出発して函館市内を走り、また空港に戻ってくる「とびっこ」という循環バス。

スポンサーリンク

75系統は2番乗り場から出ている空港から日吉営業所に行くバス。

96系統は2番乗り場から出ている空港から函館駅へ向かうバスです。

いずれも途中までは同じルートを走ります。

「湯川団地北口」というバス停で降りて下さい。ここまでは6~7分くらいです。

所要時間:6~7分、料金:210円

そこから歩くと、15分ちょっと

降りた場所から、トラピスチヌ修道院の入り口までは約1km。

上図のルートを通って歩いて15分ちょっとの距離なので、歩いて行ったほうが早い気がします。

バスに乗り換えて近くまで行くこともできますが、最後は結局少し歩くんですよね。

なので、歩いて行くのがおすすめですが、一応バスに乗り換える場合の行き方も紹介します。

12、59、66、76、89、99系統に乗り換える

バスで近くまで行く場合は、湯川団地北口(セブンイレブン)のバス停まで行き、そこから12、59、66、76、89、99系統いずれかのバスに乗ります。

2分ほどで「トラピスチヌ入口」のバス停に着くので、そこから歩いて約8分くらいでトラピスチヌ修道院に着きます。

雪が積もっていたり、道路が凍っているとバスが遅れてくることもあるので、その辺は状況に応じて行き方を選んで下さいね!

タクシー

函館空港のタクシー乗り場

時間を気にせず行きたいときに行くならタクシーですね。

NAVITAIMEの料金目安をみると、だいたい料金は1,000円くらいで5分程で到着します。

函館空港からトラピスチヌ修道院は近いので、料金的にもそこまでかからず、タクシーでいってもいいかなという気もします。

まとめ

函館空港からトラピスチヌ修道院までは距離的には近いので、まず最初に行っておこうと考えている人も多いと思います。

基本は2番乗り場から出ている5系統五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスに乗るのが1番いいです。

時間帯が合わなければ、路線バスで「湯川団地北口」まで行って、バスを乗り換えるか、そのまま徒歩で行くこともできます。

タクシーでもそんなに料金がかからないので、お好みの方法で移動してみて下さいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました