函館空港から湯の川温泉への行き方!宿泊場所に応じたバス選びを!

函館空港から湯の川温泉までの行き方 函館空港

函館空港に着いたら、まずは湯の川温泉街のホテルや旅館に荷物を置きに行こうという人も多いと思います。

函館空港から湯の川温泉街までは近いので(車で5分くらい)、タクシーでもそんなに料金がかかるわけではありません。

ただ、やはり料金的にはバスにはかなわないので、すぐに乗れるようであればバスで行くのがおすすめです。

注意したいのは、バスが湯の川温泉のどのバス停に停車するか。

湯の川温泉街と言ってもけっこう範囲が広いので、どこに泊まるのかによって、乗るバスを使い分けたほうがいいんです。

どのように使い分けるのか、詳しく紹介しますね!

※湯の川温泉エリアは歩こうと思えば歩ける距離ですので、あまり神経質になる必要はないんですが、なるべく歩く距離を少なくするにはどうするかということで紹介しています

スポンサーリンク

PICK UP
▼その他の函館空港情報▼
函館空港の基本情報!空港のみどころや観光スポットへの行き方など!

宿泊場所によってバスを使い分けよう!

バスが通るルートを考えると、湯の川温泉街を大きく2つのエリアに分けると考えやすいです。

2つのエリアとは、湯の川温泉街の北側(市電が走っている道路)と南側(海岸に近い道路)です

基本的には宿泊施設が北側に近ければ、北側のルートを通るバスに乗ればいいですし、南側に近ければ南側のルートを通るバスに乗ったほうが歩く距離が少なくすみます。

ただ、そのために数十分もバスを待つのであれば、北側でも南側でも乗って、歩いたほうが早いということもありますので、その辺は臨機応変に考えて下さい。

15分以上待つのであれば、少し歩くとしても、どのバスでも乗ってしまったほうが早いかもしれません。

まずは自分の宿泊場所が、北側ルートに近いのか、南側ルートに近いのか確認してみて下さい。

中間くらいの位置であれば、どちらに乗っても変わらないので、どちらでもOKです。

また、本数は少ないですが、南側ルートを通ってから北側ルートに向かうバスもあります。

そのバスであれば、北と南両方通るので、深く考えず乗ってOKです。

北側を通るバス

画像のように北側のルートを走るバスです。

北側を通るバスは2種類あります。

空港循環バス7系統とびっこ

函館空港の1番乗り場から出ている「とびっこ」は、函館市内をぐるっと回る循環バスです。

湯の川温泉の近くのバス停は、「湯倉神社前」と「湯の川温泉電停前」に停まります。

ただ、7系統はA、B、E、Fがあるんですが、「湯の川温泉電停前」まで行く場合は7Aか7Bに乗って下さい。

湯倉神社前で降りる場合はどれに乗っても問題ありません。

空港循環バスとびっこ時刻表

湯倉神社前まで 7A:12分、7B:16分 料金:240円
湯の川温泉電停前まで 7A:14分、7B:18分 料金:240円

5系統五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス

函館空港の2番乗り場から出ているシャトルバスです。

このバスも、湯の川温泉の近くのバス停は、「湯倉神社前」と「湯の川温泉電停前」に停まります。

スポンサーリンク

ただ、トラピスチヌに寄る分、とびっこよりも数分遅くなりますし、料金も少し高くなります。

五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス時刻表

湯倉神社前まで 18分 料金:250円
湯の川温泉電停前まで 20分 料金:270円

南側を通るバス

画像のように南側のルートを走るバスです。

函館空港⇔函館駅直通便96系統

函館空港の2番乗り場から出ている、函館駅に向かうバスです。

湯の川温泉の近くのバス停は、「湯倉神社前」、「根崎競技場前」、「熱帯植物園前」、「湯の川温泉」「湯の川プリンスホテル渚停前」に停まります。

函館駅方面行き96系統時刻表

所要時間:12~17分 料金:240円

南側から北側を通るバス

画像のように、途中まで南側を走り、途中から北側のルートに向かうバスです。

こちらのバスも2種類あります。

空港五稜郭快速線8系統

函館空港の2番乗り場から出ているバスで、名前の通り、空港から五稜郭に向かいます。

湯の川温泉の近くのバス停は、「熱帯植物園前」、「湯の川温泉」そして「花びしホテル前」に停まります。

花びしホテルに泊まる方は、まさにビンゴのバスですし、南側から北側に向かうので、ある程度、どの宿泊施設でもわりと近いところを通るので便利です。

空港五稜郭快速線8系統時刻表

所要時間:6~9分 料金:熱帯植物園前まで210円、湯の川温泉や花びしホテル前までは240円

函館帝産バスのシャトルバス

函館帝産バスで運行している、五稜郭公園などに行くシャトルバスです。

湯の川温泉の近くのバス停は、「湯の川温泉」と「花びしホテル前」に停まります。

こちらも先ほどの空港五稜郭快速線8系統とほぼ同じルートを走ります。

函館帝産五稜郭方面行きシャトルバス時刻表

所要時間:11~13分 料金:湯の川温泉まで230円、花びしホテル前まで250円

タクシー

函館空港タクシー乗り場

函館空港から湯の川温泉までは、車で5分くらいです。

湯の川温泉街のどこに泊まるかにもよりますが、高くても1,500円はいかないはずです。

※NAVITAIMEや観光案内などでは1,000円ちょっとになっています

そんなに高いわけではないので、バスのように時間に縛られたくなければ、タクシーでも全然アリだと思います。

まとめ

函館空港から湯の川温泉街までは、かなり近いです。

バスもいくつか出ていますが、温泉街の北側を行くバスと、南側を行くバス、南から北側に行くバスがあります。

宿泊先に近いところを通るバスを選ぶと、降りてからホテルまであまり歩かずに済みます。

ただ、湯の川温泉エリアであれば、歩こうと思えば歩ける範囲ですので、数十分もバスを待つのはあまりおすすめしません。

15分以上待つのであれば、とりあえずバスに乗って、後は歩いたほうが早く着く場合もあるので、臨機応変に対応して下さいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました