函館から札幌までバスを利用するときの料金や時間など!

高速バスで函館から札幌に行く! 函館から札幌

函館から札幌に行くのに、バスを利用して行くにはどうするか紹介します。

函館から札幌へは2つの高速バスが走っています。

それが、「高速はこだて号」と「函館特急ニュースター号」です。

高速バスを利用する大きなメリットとしては、JRや飛行機に比べて、料金が圧倒的に安いことです。

2つの高速バスについて、料金や所要時間など、詳しく見ていきますね!

スポンサーリンク

PICK UP
▼函館から札幌への行き方▼
函館から札幌に行く4つの方法!それぞれのメリットとデメリット!

高速はこだて号

高速はこだて号は、「中央バス・道南バス・北都交通・函館バス」の4つの会社が、共同で運行しています。

※2020年4月1日から函館バスも加わり、4社共同運行になりました

1日に8便運行していて、所要時間はだいたい5時間30分前後。

JR特急列車の指定席と比べると、ほぼ半額に近い金額です。

バスの設備

トイレ、無料Wi-Fi、1人掛け3列シート、スリッパ・フットレスト、ひざ掛け・毛布、おしぼり
一部車両:コンセント・USB端子、プライベートカーテン

乗り場

函館駅前13番バス乗り場
上写真は函館駅の乗り場ですが、駅だけではなく、函館市内のいろいろな場所から乗ることができます。

湯の川温泉のほうから乗ることができるので、湯の川温泉街に宿泊している場合はとても便利です。

函館駅から乗る場合は、13番乗り場から乗ることになります。

・湯の川温泉東(湯の川グランドホテル前)
・湯の川温泉(ホテル平成館前)
・湯の川温泉北(湯元啄木亭前)
・函館駅前ターミナル13乗り場
・函館フェリーターミナル ※1
・五稜郭駅前
・昭和4丁目
・桔梗
・七飯町鳴川
・新函館北斗駅1乗り場
・森町 ※2
・八雲 ※2

昼行便のみ有珠山サービスエリアにて休憩

※1.函館フェリーターミナルから乗れるのは、夜行便(最終便)のみ

※2.函館を10時台、14時台に出発するバスと夜行便は、森町と八雲には停まりません

降り場

・地下鉄大谷地駅
・札幌駅前ターミナル

※札幌市内の南郷18丁目駅、時計台前、北2西3でも降車可能

時刻表

乗り場や降り場はいくつかありますが、ここでは函館駅前を出発して、札幌駅前に到着する想定の時刻表です。

出発 到着  所要時間
7:28  13:00 5時間32分
8:58  14:30 5時間32分
10:28 15:55 5時間27分
13:18 18:50 5時間32分
14:48 20:15 5時間27分
16:18 21:50 5時間32分
18:18 23:50 5時間32分
23:25 5:35  6時間10分

料金

片道:4,900円
往復:8,740円
4枚綴り:16,200円
学割片道:4,370円
学割往復:7,880円

予約・購入方法

予約・購入は、窓口や電話、ネット、コンビニなどで行います。

乗車日の2か月前から予約することができます。

ターミナル窓口・電話

ネットは利用しないという方は、下記に直接行くか、電話で予約や購入が可能です。

今回は函館から札幌へ行くことを想定していますので、函館の窓口のみ記載します。

・北都交通函館駅前ターミナル・・・函館駅前にあるバスの案内・待合所の中にあります。

電話:0138-22-3265
住所:函館市若松町12

※電話で予約して、コンビニで乗車券を購入することもできます

インターネット

最近はネットで予約する方が多いと思います。ネットでは以下のサイトで予約や購入が可能です。

バスぷらざ

発車オーライネット

JTBホームページ

楽天トラベル

コンビニ

以下のコンビニでは、乗車券を予約して購入、または既に予約してある乗車券を購入することができます。

ローソン・ミニストップ、ファミリ―マート、セブンイレブン

ローソン・ミニストップでの高速バスチケット購入方法

ファミリーマートでの高速バスチケット購入方法

スポンサーリンク

セブンイレブンでの高速バスチケット購入方法

函館特急ニュースター号

函館特急ニュースター号は、北海道バス株式会社と北海道観光バス株式会社が共同運行しています。

基本は1日6便で、金曜日と土曜日だけ函館駅から札幌駅への直行便があり、1日7便になります。

料金は、高速はこだて号と同じくらいで、JRの約半額。所要時間も5時間30分ちょっとです。

※直行便は4時間55分

バスの設備

プラズマクラスターイオン発生機、トイレ、無料Wi-Fi、1人掛け3列シート、フットレスト、ブランケット、コンセント

乗り場

函館駅前14番バス乗り場
函館特急ニュースター号も、函館市内のいろいろな場所からバスに乗ることができます。

こちらも、湯の川温泉のほうから乗ることができるので、宿泊している方にとっては便利です。

函館駅から乗る場合は14番乗り場から乗ることになります。

・上湯川
・湯の川温泉
・函館駅前ターミナル14のりば
・五稜郭公園前
・五稜郭駅前
・昭和4丁目
・新函館北斗駅前ターミナル

※103便(土曜日のみ運行)と111便(金曜日のみ運行)は函館駅前から札幌駅前着の直行便になっていて、そのバスについては函館駅以外のバス停からの乗車、降車はできません

降り場

・三井アウトレットパーク札幌北広島※1
・本社前(美しが丘1条1丁目)※2
・月寒中央11丁目(福住駅1番出口)※2
・豊平郵便局前(美園3条6丁目)※2
・札幌駅前
・大通りバスセンター前(南1東1)
・市電すすきの前

※1・・・三井アウトレットパーク札幌北広島に停まるのは104便のみ
※2・・・、本社前、月寒中央11丁目、豊平郵便局前は停まるのは108便、110便、112便のみ

時刻表

乗り場と降り場はいくつかありますが、函館駅前から札幌駅前を想定した時刻表です。

出発 到着 所要時間
7:05 12:37 5時間32分
8:00 12:55 4時間55分
10:00 15:37 5時間37分
12:25 17:57 5時間32分
15:30 21:06 5時間36分
17:35 23:11 5時間36分
18:50 23:45 4時間55分
23:40 5:29 5時間49分

料金

片道:4,800円
往復:8,400円
5枚綴り:19,400円
学割片道:4,300円
学割往復:7,700円

予約・購入方法

予約・購入は、電話、ネット、コンビニのいずれかを利用します。

乗車日の2か月前から予約することができます。

電話

ネットやコンビニ支払いが不安な場合に、電話で予約してバス車内で支払うことができます。

電話:050-3533-0800
011-889-0800
受付時間:8:30~19:30

インターネット

高速はこだて号と同じ、バスぷらざ、発車オーライネット、JTB、楽天トラベルで予約可能です。

コンビニ

コンビニも高速はこだて号と同じ、以下のコンビニで予約・購入することができます。

ローソン・ミニストップ、ファミリ―マート、セブンイレブン

高速はこだて号と函館特急ニュースター号、どっちがいいの?

2種類のバスがあるので、「じゃあどちらに乗るのがいいのか」、ということになると思います。

価格と所要時間から見た場合、正直、さほど大きな差はありません。

価格でいうと、ニュースター号のほうが若干安く、所要時間は便によって同じだったり、はこだて号のほうが数分程度早く着いたりという感じ。

なので、基本はどちらでも良く、出発時間が自分が乗りやすいほうに乗るのがいいでしょう。

ただ、函館特急ニュースター号には、曜日限定ではありますが、函館駅前を出発して途中どこにもよらず、札幌駅前に行く「直行便」があります。

※土曜日の8:00に出発する103便と、金曜日の18:50に出発する111便

普通の便よりも30分以上早く札幌に着くので、時間を合わせられるのであれば、直行便を利用するのがいいと思います。

また、どちらのバスも駅前以外で乗り降りできる場所がいくつかあるんですが、その乗降車の場所が多少異なっています。

駅前以外で乗り降りしたいという人は、駅以外の乗降できる場所を確認して、お好みのほうを選んで下さい。

まとめ

函館から札幌へバスで行く場合、高速はこだて号と函館特急ニュースター号の2種類の高速バスがあります。

料金や所要時間はそんなに大きな差はないので、函館駅前から札幌駅前に向かうのであれば、どちらに乗ってもいいと思います。

ただ、ニュースター号は曜日によって(金曜と土曜限定)、30分ちょっと早く着く直行便があります。

また、駅以外での乗降車の場所が少し異なっています。

その辺を考慮して、目的に合った高速バスを選んで下さいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました